• 遠慮なく風俗嬢とエッチを楽しもう

    いつも自分の頭の中は女性とエッチすることでいっぱいだ。一人エッチだけで我慢できれば、こんなに悩む必要はないのだが、体力が有り余ってる時は女性がほしくなる。

    一人エッチで何回射精しても気持ちいいのはその時だけで、女性の体を堪能した時の快感とは違うんだよね。あの柔らかい感触と魅力的な臭い、そして体温を感じると、夢の中にいるような快感が全身を駆け巡るんだ。セフレや恋人がいないときは、女友達にお願いをして胸ぐらいは触らせてもらったりするけど、その先は難しい。

    さらに、かなり遠慮して触らないといけないし、好きなようにできないのがつまらない。それなら、デリヘルに電話をかけて風俗嬢と遊んでる方が、楽しめるし気持ちよくなれる。好みの女性が来てくれるから半端なく興奮するし、一般女性よりエッチがうまいため何度でも射精できるんだ。風俗嬢とするエッチは極楽にいるような感じで、何度体験してもやめられないのだ。自分は同じ女性と遊ぶより色んな女性と楽しみたいので、次回は違う女性を指名したいな。

  • コンビニで見かけた美女は風俗嬢だった

    綺麗な女性を嫌いな人はいないはず。目の前にいる素敵な女性が誘惑しながら近づいてきたら、どんな男性でも理性が働かなくなり、本能のままに目の前の女性を求めるだろう。

    たまたま、コンビニで見かけた女性があまりにも魅力的だったので、つい声をかけてしまった。彼女は笑顔で一緒にコーヒーを飲んでくれて、軽い世間話をした。お別れの際に名刺をもらったので見てみると、近くの風俗店で働いている風俗嬢みたいだ。彼女の体を堪能できたら、どれだけ興奮するだろうか。色々考えていてもドキドキがとまらないので、電話をかけて家に来てもらった。

    まさか、あんなに綺麗な彼女が家に来てくれるなんて、半信半疑だった。しかし、数分後に彼女は家に来てくれて、抱き合って再会を祝福した。キスや軽いスキンシップだけでなく、彼女は積極的にエッチなことをしてくれた。あまりの気持ちよさに、何度も激しい快感を堪能できた。やはり、好みの女性とするエッチはかなり格別で気持ちいいものだな。
    http://ranking-deli.jp/25/area119/

  • 再会した先輩から風俗嬢を教えてもらった

    学校を卒業した先輩と久しぶりに再会して飲みに行ってきた。いつも女性の胸やお尻ばかり見ていた先輩だけど、今では落ち着いてしまって女性を見なくなっていた。なぜ先輩がこんなに変わってしまったのか気になったので、お酒の席ということもあり思い切って聞いてみた。

    すると、先輩は得意気な顔をして風俗嬢について語りだした。男性はお金さえあれば綺麗な女性とエッチができると先輩は言いだし、就職をしてからは女性と遊び放題らしい。多くの女性と遊べば落ち着くかもしれないが、先輩は果たして本当にそれでいいのだろうか。

    自分が経験してないことを非難することはさすがに良くないので、自分もデリヘルに電話をかけて家に風俗嬢を呼んでみた。多くの女性と遊ぶことに抵抗がある自分は、実際に経験して先輩の行動を否定するつもりだったんだ。しかし、実際に家に来てもらった好みの女性を目の前で見ていると、理性がどこかに飛んで行ってしまい彼女を激しく求めてしまった。人間は本能のままに生きるのが幸せかもしれないな。